木の城たいせつのことを
まとめた資料をお送りします。

「だからここで家を建てたい」と思わせる、木の城たいせつならではの構造・工法。

「産地表示つき北海道の無垢の木100%」とは

北海道産の木材のみを使用した、北海道の厳しい気候に負けない健康な家。

世界最古の木造建築である奈良の法隆寺には地元の吉野檜が、国の重要文化財である沖縄の中村家住宅には地元のチャーギ(イヌマキ)が使われています。
その土地の建築にはその土地の木が最適であることを、古くから日本人は心得ていました。

北海道にもカラマツやトドマツ、北海道の杉といった、素晴らしいふるさとの木があります。

食の安全が問われる昨今、産地がはっきりしていて、新鮮な地場産の食材を食べる「地産地消」は当たり前になりました。
それは「住の安全」にも言えるで、いつどこで切り出されたかわからない輸入木材に囲まれた住空間で、安心して暮らしていくことができるでしょうか?
厳しい気候風土に耐えて成長する強さを備え、防腐剤無添加で加工された北海道の木に守られて暮らす安心感。これこそが「地材地消」の価値なのです。
当社は道産材100%住宅を通して、ほんとうに安心できる暮らしを北海道のみなさまへお届けしてまいります。

木の城たいせつでは、産地証明付きの北海道の無垢木材を100%使用しております。

コアドライとは、カラマツを建築用材として安心して使用する為の新たな乾燥・水分管理技術です。
この技術により、正角材が内部(コア)まで均等にしっかりと乾燥され、
割れ、ねじれの少ない建築用材として使うことが可能となります。
詳しくは、右のバナーからご覧いただけます。

地材地消をすると、どのような効果があるのか?

地材地消によって、“よい循環”が生まれます。

「地材地消」とは、地域で生産された木材、木製品を地域で、有効利用(消費)すること。

経済的メリット : 地域の林業・木材産業が活性化することで、さまざまな経済効果が生まれます。
さらに「地材地消」で地域の森林に還元された資金で森林の手入れを進めることが、国土の保全につながります。

環境的メリット : 木材を遠いところから運ぶ際に発生するCO2量を削減できるなど、環境面でもいいことがあります。
みんなが積極的に「地材地消」に取り組むことで、森林を元気にし、地域を元気にする“いい循環”が生まれてきます。

あなたの暮らしにも積極的に道産木材を取り入れてみませんか?

※道産材100%の商品はエコポイント対象で、15万円の値引きが適用されます。詳しくは係員にお問い合わせください。

木の城たいせつの家に使われている木材

ページトップへ戻る